人前で緊張しないオススメ4選

人前で緊張しないオススメ4選
Pocket

今回は人前で緊張しないオススメ4選を紹介します。

人前で話をする時に緊張してしまい思ったことが話すことが出来ない。

と思っている人は多いのではないでしょうか?

話をする事に慣れている人に聞いても、緊張しているよ当たり前だよと回答が返ってきます。

でもなぜ慣れている人は、話し方や内容どれをとってもすばらしいしのでしょうか?

話している姿を見ても緊張してるように映りません。

ではなぜそのような事が当たり前のように出来るのか?

出来るようになるにはどうしたらいいのか?

人前で緊張しないオススメ4選を紹介します。

 

人前で緊張しないオススメ4選

人前で緊張せずに自分が話したい事を論理だてて話をする事をする為にはどうしたら良いか?

人に聞いたりすると、場慣れが必要だから、何度でも話をするしかないよと言います。

確かに慣れて来れば必要な事かもしれません。

でも、本当に緊張して話すことが出来ない人にとっては死活問題です。

本当に悩みに悩んでいる人が沢山いると思います。

どうしたら改善出来るかどうしたらいいのか方法を模索してる人いると思います。

その方法を改善する為には、実際本当に経験してきた人に聞く事が早いような気がしますよね。

私も緊張してしまい、思ったことを話すことが出来ない一人ですが、昔と比べると上達しました。

良く本で書いている内容を実践して、試したりいろいろなことをやってきました。

でも、思った成果は得る事が出来ませんでした。

ではどのようにして上達する事が出来るのか?

それでは具体的に人前で緊張を取り除くオススメの方法を紹介します。

 

あがりを直す方法は?

あがり症は、人前で話すとき、10人だろうが100人だろうが、変わりません。

私の経験では本当に人数に関係しないんです。

これが本当に不思議としか言えません。

とにかく人と面と向かって話す行為自体があがり症の人にとっては苦痛です。

そもそもなぜあがってしまうのか?

永遠のテーマなのかもしれません。

私の経験では、こんな感じの事がありました。

たとえば話す日程が決まっていたとします。

そうすると、1か月前ぐらい前からずっと頭から離れなくなってきます。

常に頭の中では気になっていて、話す日が近くになるにつれて寝れない日もあるくらいです。

当然話す内容もまだ決まっていない状況でした。

この話す内容を考えるのに結構な時間もかかりました。

でもあとから考えてみると、話す内容が頭の中に入っていれば、上がりはしますが、全く話せないなんて事はありませんでした。

要するに話す内容が何とかなれば、あがり症も少しずつなくなっていくのではないかと思ってます。

それをイメージトレーニングを繰り返し練習して改善していくことでだんだん良くなってくるはずです。

あまり考えすぎずに気楽に取り組んでいきましょう。

 

緊張をしない為に日々行う事10項目を実践する。

1.自分が話したい内容を毎日声を出して練習をする事

これをやる、やらないでは雲泥の差が出ます。

声の質が安定してきて震えなくなりますので必ず取り組んで下さい。

 

2.出来れば実際に話す場所で、当日自分が話す姿を思い浮かべて練習する事

話をする場所がわかればイメージをしながら練習できるので、絶対に確認して下さい。

 

3.身近な人に自分が話す内容を聞いてもらう事

練習することで改善できるので、話す内容を聞いてもらいコメントをもらいましょう。

 

4.移動してる時間を利用してマラソンなどのように実況中継を心の中で行う。

日常の訓練方法としてベストな方法だと思っています。

実況中継をすることで言葉が出るようになってきます。

 

5.論理だてて話をする為に日々新聞などの活字に触れることが大切

自分にはない知識を日頃から頭にインプットする事を訓練することで上達していきます。

 

6.いろいろな情報をSNSや動画を見たり新しい知識を自分に落とし込む事

最近の新しい情報や流行っていることなど話題作りに貢献しますので活用しましょう。

 

7.飲み会などの場では率先して幹事をやったり進行役を行う事

話す訓練として率先してやるように努めて下さい。

 

8.毎日誰かとコミュニケーションをとる事

コミュニケーションを常に取らないと口の周りの筋肉がこり固まってしまうので注意が必要

 

9.自分は絶対出来るということを信じる事

信じることで何でも叶える事が出来るようになるので、思い込みが重要です。

 

10.あきらめないこと

絶対にあきらめないで継続することが重要です。

心が強くなれば話す内容も変わっていき自信を持って話す事が出来るようになるはずです。

 

話をする前にやるべき事とは?

前もって話をする前に必ずやらなければならないことがあります。

実際に話す場所にいってどんな状況で話をするのかを確認してください。

事前に分かっていれば対策が出来ます。

目の前に台などがあって原稿を見ながら話が出来るのか出来ないのかなどを確認することは重要です。

これによっては状況が変わってくるはずです。

事前にイメージトレーニングをすることが出来れば、自信をもって話が出来るようになるからです。

それから原稿の内容は全部覚えてしまうと、一文字間違えただけで、思考が止まってしまう恐れがある為、内容はある程度覚えて、話す内容の流れを確認することが大切だと考えます。

上記の内容を確認するだけで、当日緊張する度合いが変わってきますので事前に確認することが大事です。

 

当日気をつけなければならないポイントとは?

1点目は、一番大事な事は、話す1時間前ぐらいに、一度心臓の鼓動を上げて下さい。

やり方は何でもいいですが、走り込みをする方法や階段を上がる方法等がいいと思います。

そうすると、実際に話をする際には、一度鼓動が上がっているので、鼓動が少しゆるやかになり緊張の度合いが違うことが分かります。

いつもと違って落ち着いて話が出来ると思います。

それを何度も経験する事で緊張がやわらいで行き話が出来るようになるので試して下さい。

 

2点目は、寝不足にならない事です。

前日は早寝をして朝早く起きるようにして準備をして下さい。

 

3点目は、体調不良にならないように、気をつける事です。

当日はきちんと朝食をとらないと元気な声で話す事が出来ません。

又緊張していると直前におなかが痛くなったりする事があるので、早めにすませておくのが

良いと思います。

 

4点目は、話をする直前などには、近くの人と他愛もない話をすることがいいかもしれません。

そうすれば話をするときにさっき話した相手に向けて話すことが出来、緊張も薄れるはずだと思います。

 

5点目は、話をするときには全体を見ながら話すのではなく、一方向に向けて話をすると上手く話せると思います。

あまり色々な方向に目を向けて話すと、緊張してしまい上手く話せなくなる可能性が高くなってしまうと思います。

なので、一部の人に向けて話すことが緊張しないですむやり方だと考えます。

 

まとめ

これまで、人前で緊張しないオススメ4選を紹介してきました。

今回実際紹介してきたのは、今まで自分が体験した事です。

なので、本当に緊張して話が出来ないと思っている人にとっては、参考になった。

と言ってもらえると、うれしいです。

話す内容はまだ自分自身も発展途上ですが、昔の度緊張して話せなかった頃に比べると成長出来ているという実感があります。

日々、新聞や動画から、いろいろな情報を習得しながら改善を常にしていく事。

それを元に話す原稿を作成して、声に出して練習する。

そうすると、おかしな文章になっている事にも気が付けるので、声出しも大切です。

人前での緊張しないオススメな方法は一言でいえば、話す直前に鼓動を上げとく事。

これに尽きるのではないかと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※緊張ゼロで話せるIOSメソッドも参考にして下さい。

【中古】単行本(実用) ≪政治・経済・社会≫ 科学的に緊張せずに話す方法 / 高畑百合子 【中古】afb

価格:1,680円
(2021/1/17 21:02時点)
感想(0件)

ABOUTこの記事をかいた人

trendingspot10のサイトを運営するkazuです。 男の子と女の子を育てている父親です。 ブログを通して皆様の生活に役立つ情報を届けていきます。 トレンディな記事を届けられるように今後活動していきますので、 trendingspot10をどうぞよろしくお願いします。