車の傷劣化防止オススメ3選を紹介

車の傷劣化防止オススメ3選を紹介
Pocket

今回は車の傷劣化防止オススメ3選を紹介を紹介します。

新車や中古でも車を購入してから、いつまでも綺麗な状態を維持する為には日頃のカーケアが大切です。

屋内に駐車出来るのであれば、大きな傷や劣化は考えないでいいかもしれません。

ですが、屋外に駐車してる場合は紫外線による劣化や雨風があたりすぐ汚れがついてしまったりします。

暴風時や台風が通過するときには、物が飛来してきてボディに傷がついてしまったりと悩みは尽きないものです。

車のカバーをかけると確かに傷が付きにくくなりますが、乗るたびにカバーをしたり、つけたりと手間がかかって大変です。

そんな手間のかかる事をしないでも、最初にあることをすればかなり手間が軽減できるのをご存じでしょうか?

その方法を紹介していきたいと思います。

 

愛車に傷がつかないようにする方法は?

愛車に傷がつかないようにする方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

1.新車購入時にコーティングを施工する。

車を買った時にコーティングを施工をすることで汚れや傷のつき方が変わります。

例えば、車走行時に小石などが飛んできてもコーティングの被幕が守ってくれるので傷がつきにくくなります。

コーティングを施工すると、ワックスをかけないですむので、日頃は、洗車だけで綺麗に出来るので、身体的な労力も軽減されます。

確かに初期投資はかかりますが、ガソリンスタンドで洗車すること等を考えれば、かなり将来的にも節約出来ると思います。

コーティングの施工方法は、全部で7種類程度あるようですが、主にポリマー系、ガラス系、セラミック系などが多くて、その中でもガラス系コーティングの施工の割合が多いようです。

このセラミックコーティングはムラになりやすく被膜が厚いので技術力がないと上手に施工出来ません。

そう考えるとセラミック施工ができる店舗を探すのも良い業者の判断基準になると思います。

そうすれば間違いないかもしれないですね!

又、コーティングを施工した場合の判断基準として保証がしっかりしていて、1年ごとにアフターフォローがしっかりしたところがある店舗を選ぶことも必要です。

その分初期投資はかかりますが、長年綺麗に乗る事を考えれば安心出来る判断基準です。

通常であれば、必ずアフターフォローもついているはずです。

 

ポリマー系コーティングの特徴とは?

シリコンやフッ素が入った成分のコーティング材です。

メリットとして細かい傷を埋める事が出来て、低予算で出来ます。

しかも施工時間も短く出来て、自分でもやろうと思えば出来る点です。

デメリットとしては、耐久性が良くない事です。

ガソリンスタンドなどの洗車機で洗車をした場合塗膜が剥がれてしまう恐れがあります。

 

ガラス系コーティングの特徴とは?

ガラス繊維が入っているのが一番の特徴になります。

ガラス繊維が入っている事で耐久性や対候性、耐熱性の向上やコーティングの膜を防止したり車のボディを傷から守ってくれる効果があります。

メリットとしてボディにツヤや光沢があるので美しくかっこよく見せる事が出来ます。

又ボディ表面に水あかやちょっとした傷であれば手洗い洗車をするだけである程度傷を落とすことが出来ます。

デメリットとしては、施工価格がポリマー系等と比べると5万~10万割高になってしまいます。

プロが施工しないと出来ず、下地処理から仕上げまで工程が多いので施工に時間と手間がかなりかかってしまします。

屋外で管理してる場合、酸性雨などで水あかが車のボディに付着してしまう事です。

 

セラミック系コーティングの特徴とは?

ガラス系コーティング材に比べて、耐久性や持続性、塗膜の厚みなどかなり向上しています。

コーティングの持続性で比べると、セラミック系は3年から5年持続しますが、せラミック系は5年から7年持続します。

メリットとしては、塗膜がコーティングの中で一番厚い為、傷が入りずらく車の塗装面を頑固に守ってくれます。

全部の場合ではありませんが、傷がついたとしても、細かい傷であれば自己修復する機能を備えているので時間とともに傷が消えていきます。

デメリットとしては、ガラス系コーティングより5万から10万金額がかなり高い事です。

ガラス系と同様にプロが施工しないと出来ず、下地処理から仕上げまで工程が多いので施工に時間と手間がかなりかかってしまします。

 

2.どこでコーティングを施工するのが安心?

コーティングを施工する会社は、ディーラーやカーショップ店、コーティング専門店などがあります。

一番安心な選択肢は、コーティングのプロを沢山かかえているコーティングの専門店がおすすめです。

コーティングの知識も豊富にありますし、施工する環境も重要で設備がととのっているからです。

愛車の駐車環境に適したコーティング方法の提案をしてくれるでしょう。

(価格帯としては8万~15万前後になります。)

車の販売店の場合はというと、車を販売する専門のところなので、一緒にコーティングを施工することが出来れば安心です。

車購入時に一緒に依頼すれば金額面でも相談しやすいでしょう。

ちなみに取り扱っているコーティングの種類は販売店にもよりますが、ガラス系のコーティングの施工が多いようです。

(価格帯としては、10万前後になります。)

カーショップ店の場合も上記と同じように専門的に扱っていますので、可もなく不可もなくだと思いますので、選択肢の中に入れて問題ないと思います。

(価格帯としては5万~7万前後になります。)

 

3.塗装面を劣化させる原因とは?

塗装面を劣化させる原因のなかで、鳥の糞が挙げられます。

例えば、鳥の糞をボディに付着したままにすると、水分が抜けていき固くなってとれなくなることがあります。

鳥の糞には酸性やアルカリ性が含まれている物があり塗装面を痛めてシミになる原因です。

ついてしまったら水で濡らして柔らかくしてから早めにとるようにしましょう。

もうひとつは紫外線による劣化です。

ボディの塗装面が剝がれてしまう場合や、車のタイヤが劣化してしまいます。

劣化を防止する為には、やはりコーティング施工するとか、カバーをかけるとか日常の洗車を頻繁にする必要があります。

 

もっとも多いガラス系コーティング施工した車に傷がついてしまった場合の対処法は?

ちょっとした細かい傷であれば、手洗い洗車をした後に付属しているコーティング材などで簡単に消せます。

しかし、中程度の傷が付いてしまった場合、自分ではどうにもできない場合があります。

その場合はちゅうちょなくコーティングを施工した施工店にすぐ相談にいきましょう。

もしかすると、傷がついている層がガラスの被膜についている場合があります。

その場合はガラス被膜を研磨すれば傷がなくなるかもしれません。

もしはいっている場合はどうにもならないのでお手上げです。

再度研磨して、コーティングを再施工することになるでしょう。

 

まとめ

いままで車の傷劣化防止オススメ3選を紹介してきました。

愛車を長く綺麗な状態をキープし、長く乗りつづけることは、自分にとっても愛車にとってもうれしいものです。

保管場所が屋内であれば、傷が付く確率は低いですが、屋外に駐車している場合は、愛車がどのような状況で駐車されているのか傷がつかないようにするにはどうしたらよいか考えることが大事だと思います。

その為に、現状出来る事を、愛車の為にして下さい。

結論として、愛車の傷を防止する為には車を買った時にコーティングすることが一番のようです。

又、コーティングをお得にやるには車の販売店で、一緒にコーティングを施工することで総合的に値引き対象になりお得です。

又、アフター保証を考えた時、車の販売店でコーティングを施工する場合、施工した後のアフターフォローもしっかりしています。

車の状態を1年ごとに確認してもらうことが出来て、5年間保証がついている場合が多いです。

1年ごとに、愛車のコンディションを確認してもらうことは、ユーザーにとって安心ですね。

しかし、日頃から、手洗い洗車をこまめに行うことも大切であると考えます。

ABOUTこの記事をかいた人

trendingspot10のサイトを運営するkazuです。 男の子と女の子を育てている父親です。 ブログを通して皆様の生活に役立つ情報を届けていきます。 トレンディな記事を届けられるように今後活動していきますので、 trendingspot10をどうぞよろしくお願いします。