冷媒配管のラッキング工事なら内洞断熱がおすすめ

冷媒配管のラッキング工事なら内洞断熱がおすすめ
Pocket

今回は冷媒配管のラッキング工事なら内洞断熱がおすすめと題して紹介します。

エアコンの冷媒配管を外部で配管する場合に壁から離れていたりするとスリムダクトが使えません。

その場合には保温屋さんの出番になります。

そのときにするのがラッキング工事です。

ラッキング工事の材質にはステンレスやガルバリュウム・亜鉛鉄板・アルミ・スーパーダイマなどの鋼板に多くのカラー加工をすることが出来ます。

その工事をするのが内洞断熱です。

内洞断熱は今まで困難な現場でも必ず技術力・安全・工期は順守してきました。

工程が厳しい現場でも、知恵を絞って工期に遅れることなく力を合わせて施工してきました。

時には、仲間の協力を得ながら、時には仲間の応援をしながら、時には自分たちで様々な現場を施工しています。

今現場ではコロナの影響もあり受注することが大変難しい世の中になってます。

受注することが出来ず倒産している業者も多い中、内洞断熱は会社を存続させてきています。

そんな厳しい世界で生き残っている内洞断熱を紹介します。

 

冷媒配管のラッキング工事なら内洞断熱がおすすめ

引用元:https://www.asahi-sangyou.co.jp/products/pipe_cover/

冷媒配管のラッキング工事なら内洞断熱

会社名:内洞断熱

代表者:内洞智佐敏(ないどうちさとし)

工事概要:空調衛生工事に付帯する配管・ダクトの保温ラッキング工事

建設業許可(熱絶縁工事業)を2021年に申請し6月に取得予定

住所:神奈川県横浜市港北区新吉田町3-25-11

〒223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東3丁目25−11の地図

 

工事見積や工事依頼は代表の内洞まで連絡下さい。

詳細についてはご相談下さい。

電話番号:090-9311ー4653 まで

※連絡が取れない場合は資料など問い合わせフォームにメールいただいても大丈夫です。

後日内洞断熱さんに伝達しますのでお気軽に問い合わせ下さい。

 

ラッキング材料紹介

引用元:https://www.asahi-sangyou.co.jp/products/pipe_cover/

省力・省エネルギーのニーズに対応する高性能保温・保冷外装材です。
W切り込みによるワンタッチ接続の簡単・スピーディーな施工で美しく仕上がり、高い締めつけ効果を発揮します。

機能、強度、外観、耐久性など様々な条件に高いレベルで適合できます。

カラーラインナップ

引用元:https://www.asahi-sangyou.co.jp/products/pipe_cover/

 

材質

亜鉛引鋼板(JIS G 3302)
カラー鋼板(JIS G 3312)
ガルバリウム鋼板(JIS G3321)
ステンレス鋼板(JIS G 4305)
カラーステンレス鋼板・アルミニウム(JIS H 4000)

 

板巾

亜鉛引鋼板
カラー鋼板
ガルバリウム鋼板/914㎜巾
ステンレス鋼板・アルミニウム/1000㎜巾
カラーステンレス鋼板/917㎜巾

ラッキングカバー規格寸法表

引用元:https://www.asahi-sangyou.co.jp/products/pipe_cover/

ラッキングの材料メーカー旭産業

冷媒配管のラッキング工事なら内洞断熱がおすすめ まとめ

今回は冷媒配管のラッキング工事なら内洞断熱がおすすめと題して紹介してきました。

内洞断熱は、創業以来誠実に保温やラッキング工事を施工してきました。

受注した工事は工期を厳守し、最後まで工事を完了することが出来ます。

これからも安全第一をモットーに従業員の教育を行いコロナに負けることなく業務を行っていきます。

保温工事やラッキング工事がある場合は内洞断熱にお声をお掛けください。

会社を応援してくれるスポンサーも募集しています。

よろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

trendingspot10のサイトを運営するkazuです。 男の子と女の子を育てている父親です。 ブログを通して皆様の生活に役立つ情報を届けていきます。 トレンディな記事を届けられるように今後活動していきますので、 trendingspot10をどうぞよろしくお願いします。