文章を暗記する方法!長い文章でも楽に暗記するコツを解説

文章を暗記する方法!長い文章でも楽に暗記するコツを解説
Pocket

今回は文章を暗記する方法!長い文章でも楽にコツを暗記するコツを解説と題してお届けします。

社会人になって文章を覚えることはとにかく多いです。

仕事でプレゼンをしたり、全体朝礼や説明会などありとあらゆることに話す機会は増えていき文章を覚えることはつきまといます。

また役職も上がればそれに応じて話す機会も増えていくのが常です。

この覚えることさえマスターすれば社会人生活も安泰だと言っても過言ではありません。

ではどうすれば難なくこなす事が出来るでしょうか?

今回はそんな声にお応えるするためにとにかく楽に文章を覚えるコツを紹介していこうと思います。

 

文章を暗記する方法!長い文章でも楽に暗記するコツを解説

仕事をする上で一番大切なことは文章を覚えることだと思います。

長い文章を覚えることは大変な事ですが記憶力が低い人でもほんのすこしのコツさえ理解出来れば人よりかなり効率的に暗記出来るようになります。

人より記憶力が低いのでどんなにあがいても努力してもそんなすぐに出来るわけないとあきらめるのではなく、うそだと思ってこれから教えることを実践してみて下さい。

 

文章を暗記する方法!

一見長い文章を覚えることが大変と思っている暗記ですが、ほんの少し暗記のコツを習得しただけで効率的に暗記出来るようになるのはご存じでしょうか?

そうスピーチの原稿を暗記しなければならないときはすべての文章を全部覚えることはしないことです。

五感を使って暗記するというのも重要なコツです。

特に効果的なのが音読です。

暗記と音読は非常に相性がいい!

記憶力で有名なユダヤ人のトーラーという人が、ユダヤ教の教えが書かれている1000ページ以上の書物をすべて暗記していますがそれも、音読によって暗記しています。

この音読で暗記するという方法は科学的にも理にかなっていて、脳には、自分が関わったことは記憶しやすくなるという性質があるんです。

これを自己参照効果というんですが、何度も読み返したりして覚える受け身の暗記より、自分が言葉を発するという能動的な暗記の方が記憶に残りやすいという事です。

実際に音読するときは、1人でぶつぶつ唱えるよりは、相手に話すつもりで練習するとより効果的です。

是非、架空の相手や自分自身にプレゼンをするようなつもりで話してみて下さい。

文章の暗記は、量が多くなればなるほど、やはり繰り返す必要があります。

当然、暗記のためには復習も大事です。

だけど、ただやみくもに繰り返せば効率的に覚えられるってわけでもないんです。

暗記している段階では、あれ、思い出せない❕

という壁にぶつかりるのは当たり前です。

肝心なのは、このときどうするか❕

やってしまいがちなのが、すぐに答えを見て、なるほどここはこうだったんだな❕

と納得して、再び暗記していくというやり方です。

確かに復習をするのは大事だし、すぐに答えを確認できるとすっきりするし、ゲーム感覚で楽しいです。

だけど、このすぐに答え合わせは一見効率的に見えて、実はそうではない。

記憶というのは、知識を頭に詰め込むインプットよりも、頭に入れた知識を思い出すアウトプットをすることで強く脳に刻まれます。

つまり、忘れかけたころに思い出そうとする。

というのが、より強い記憶をつくるんです。

だから、文章を暗記するときは、頭をフル回転させて次はどんな話につながるんだろう?
とよく考えながら思い出すことが重要です。

このとき、思い出せなくて悔しい、次こそは絶対に暗記してやるぞという感情になるとさらによいです。

人間の脳は、重要なものしか記憶に残らず何もしなければ忘れていくようにできています。

だって、普段の生活を考えても視界に入ったもの、耳で聞いた音など脳が認識したものすべてを覚えるなんて不可能ですよね。

なるべく余計なものは覚えず、必要なものだけ覚える仕組みになっているんです。

だから、感情が伴うと暗記しやすくなります。

苦労して、頑張って思い出すという経験をすると、脳も必要な情報なんだと認識して強い記憶をつくり、暗記しやすくなりますよ。

 

長い文章でも楽に暗記するコツを解説

 

ここで、暗記のコツとなるのが、文章全体を細かく分けて暗記するという方法。

長い文章を暗記したい場合、段落ごとに分けて暗記していきます。

そして、分割した段落ごとにこの段落ではこういう内容を言っているというのを暗記した後で、段落と段落のつながりを意識して暗記していきます。

この段落の話が前提となり、次の段落の話へとつながるんだよな。

とか、この段落の内容の反対意見として、この話が来るんだな。

この話の後にはどんな展開になるんだっけ❕

という感じで、話のつながりを思い出しながら暗記していくのです。

こうすることで、長い文章でも、全体の流れを意識して、中身が抜け落ちることなく、暗記していくことができます。

ただ、ここで注意してほしいのが、文章を分ける前に、一度は通して読んでみること。

特に難しい内容の文章などは、理解できないまま読んでも、絶対暗記はできない。

全体像を把握することで細かい内容を暗記できるようになるので、まずはざっとでも通して読んでみてください。

それでも、文章を段落ごとに分けてみたけど、話の内容のつながりを覚えるのが難しい。

って人もいると思います。

僕もそうだったのですが、そういうときにやってもらいたいのが、分割したものをイメージにして暗記するって方法。

分割した文章の内容をチャート化して暗記するのがコツです。

段落を分割して暗記した内容を短く要約して、一つ一つのチャートの中に書き込みます。

こうすることで、段落の内容ごとに、要はこういうことだな❕

と暗記しやすくなるし、文章全体の流れも視覚的に暗記しやすくなります。

文字だけで暗記しようとすると難しいけど、チャートにすることで左脳を使って流れを論理的に理解しつつ、イメージで視覚的に暗記できます。

よく、論理は左脳で処理し、イメージなどの視覚的なものは右脳が処理する。

などといいますが、チャートにするのは右脳・左脳全体をバランスよく使えるので非常に合理的な覚え方だと言われています。

 

文章を暗記する方法!長い文章でも楽に暗記するコツを解説 まとめ

今回は文章を暗記する方法!長い文章でも楽に暗記するコツを解説してきました。

いかがでしたでしょうか?

長い文章を暗記することができれば仕事でも資格試験などでもこのさきどんな状況に陥った際にも必ず役に立つことまちがいありません。

今回紹介した内容をよく頭で考えて行動し、この先の人生に役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

trendingspot10のサイトを運営するkazuです。 男の子と女の子を育てている父親です。 ブログを通して皆様の生活に役立つ情報を届けていきます。 トレンディな記事を届けられるように今後活動していきますので、 trendingspot10をどうぞよろしくお願いします。