Facebook  初期設定 注意点 コツ

Facebook  初期設定 注意点 コツ
Pocket

今回はFacebook 初期設定 注意点 コツという事で紹介します。

Facebookはみなさんつかっていますか?

私はかれこれ10年程度使用しています。

それまではSNSは一度もやったことがありませんでした。

やったきっかけは友達同士の近況を報告したり、子供の成長を記録したり、またFacebookで知り合った友達とコミュニケーションをとったりといろいろな情報を交換できるツールです。

音信不通であった友達をFacebookで探すことが出来たなんていうことも出来るほど便利なツールではないでしょうか?

ですが使用する方法を一歩間違えてしまうと、アカウントを乗っ取られたり、情報をとられてしまったりと不具合が発生してしまうことさえあります。

そもそもfacebookは、実名で登録している人はかなりいると思いますが実名で登録すると友達があなたを見つけやすくなる利点がある一方悪意のある第3者から攻撃されるリスクも発生することになります。

私は以前facebookのアカウントを乗っ取られたことがあります。

その時は、突然自分のfacebookが使用できなくなってしまったので本当にびっくりしたことがあります。

それと自分と彼女が映っている写真をホーム画面に使用されてしまったりしたこともあり、SNSはセキュリティを気をつけなければならないとその時に思いました。

今回は私も含めてではありますが、Facebookの初期設定での注意点コツを参考にしていただきセキリティを高めて安心してFacebookが使用出来るように設定していただければと思い、紹介させていただきましたので最後までお付き合いください。

 

Facebook  初期設定 注意点 コツ

それではFacebook 初期設定 注意点 コツを紹介していきます。

 

基本データの共有範囲を制限させる方法とは?

この設定は自分のプロフィールに表示する連絡先・職歴・家族構成などです。

初めに何も設定されていないと世界中に自分の情報が拡散されてしまう危険性があります。

現在どんな設定になっているか確認していきます。

まずFacebookメニュー画面上の右下の三本線をタップするとメニューが表示されます。

一番上に自分の名前が出てくるのでタップします。

少し下にスクロールすると居住地や勤務先がでてくるので基本データーを見るを選択します。

すると項目の下に小さい文字で自分のみやあなたの友達など公開範囲が書いてあるので確認します。

公開になっている場合は、全世界に公開されている状態です。

友達になっている場合はフォローしている友達のみに公開されている状態です。

この設定を変更する場合は、項目の右上にある編集をタップします。

次に左上の人型のアイコンを選択します。

すると、公開・友達・自分のみという項目が出て来ます。

この項目の設定を変更することで基本データーの公開範囲を決める事が出来ます。

家族構成や住所など人に見られたくないデーターは自分のみにしときます。

また投稿をする際に現在地がわかってしまう投稿をしてしまう場合があると思うのですが、悪意のあるハッカーや悪い人間の人によって現在地を特定してしまう危険性がるので、投稿をする際にも注意が必要です。

 

投稿の公開する範囲を制限させる方法とは?

プライベートな投稿が多い人は公開範囲を狭めて使用するようにしときましょう。

次にFacebookのホーム画面の最初の画面の3本線をタップします。

また下の方にスクロールすると設定とプライバシーを選択します。

次に設定をタップします。

プライバシーの項目がでてくるのでプライバシー設定をタップします。

スクロールすると今後の投稿の共有範囲を選択します。

投稿画面が出てきたら、是非お試し下さい。

をタップします。

すると投稿画面がでて来ます。

名前の下にある地球儀のマークがあると全世界のユーザーに見られてしまう状態です。

その設定を変更する場合は、友達だけの設定に変更してみます。

地球儀のマークをタップすると公開・友達・次を除く友達(一部の友達に表示しない)という項目がでてきます。

今回は友達をタップします。

すると公開は友達に変更されました。

投稿をする際はもう一度確認してみて下さいね。

 

第3者(友達以外)から検索されないようにさせる方法とは?

知らない人から検索されてしまい名前やメールアドレスからアカウントが特定されてしまわないように設定していきたいと思います。

Facebookのホーム画面から設定とプライバシーの項目にあるプライバシーセンターを選択します。

下にスクロールするとその他のプライバシー設定があるのでタップします。

一番下の検索と連絡に関する設定を選択します。

すると、全員・公開・家族などの表示が書かれています。

これが現在の公開されている情報の範囲を示しています。

項目は以下になります。

  • 友達リクエストを送信できる人
  • 友達リストのプライバシー設定
  • メールアドレスであなたを検索できる人
  • 電話番号であなたを検索できる人
  • Facebook外の検索エンジンによるプロフィールのリンクを許可しますか?

という内容があります。

項目ごとに設定を行って安全にFacebookが利用できる設定にしといて下さい。

 

位置情報を非公開にさせる方法とは?

近くにいる友達を自動で探してくれる機能があります。

親しい人と待ち合わせをする場合は便利な機能ですが知らない人に自動で知らせてしまうので危険もあります。

この機能を利用しない場合の設定方法を紹介します。

まずFacebookのホーム画面あるメニュー画面から近くにいる友達のタブをタップします。

すると画面に大きく地図が表示されます。

すぐ下にある自分のプロフィールの設定マークをタップします。

その中に近くにいる友達があるので表示をオフに変更すると完了です。

これを設定変更することで自分の居場所を第3者に教えることなく安全にFacebookを利用することが出来るようになります。

 

2段階設定を有効にする方法とは?

アカウントを他人に乗っ取られてしまうのを回避する方法2段階認証を紹介します。

なりすましなどを防ぐためにはログイン時にパスワードを2回認証させる2段階認証が一番安全で

す。

ホーム画面のメニューボタンを選択します。

設定とプライバシーをタップして設定を選択します。

次にセキュリティーとログインを開きます。

2段階認証を使用するという項目が出て来ますのでタップします。

ログイン方法が認証アプリを使用してログインをする方法と、SMSでその都度コードを受け取ってログインする方法があります。

今回設定する方法はSMSでその都度コードを受けとってログインするやり方を紹介します。

電話番号を選択するという項目でSMSを受け取る電話番号を選択して入力します。

するとSMSでコードが送信されてくるのでコードを入力します。

すると現在緒使用しているFacebookのパスワードを入力する画面にかわるので入力すれば終了です。

 

Facebook  初期設定 注意点 コツ まとめ

これまでFacebook 初期設定 注意点 コツを紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

Facebookを長年使用しても以外と知らない落とし穴があったりします。

まだ今回紹介した項目を設定していないユーザーの方は少し面倒ではありますが細かく設定を行っていつでも安全にFacebookが利用できるようにしてください。

私もまだ設定していない項目がありますので、遅いですがこれから設定し直して安全にこれからもずっとFacebookを利用していきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

trendingspot10のサイトを運営するkazuです。 男の子と女の子を育てている父親です。 ブログを通して皆様の生活に役立つ情報を届けていきます。 トレンディな記事を届けられるように今後活動していきますので、 trendingspot10をどうぞよろしくお願いします。